先輩社員紹介

「NTT西日本なら、やってくれる」。
プレゼンスを高める挑戦へ、
「ココロの視える化サービス」を始動。

新ビジネスモデル創出

NTT西日本
KEITARO ISHIHARA
石原 圭太郎
NTT西日本 ビジネス営業本部
クラウドソリューション部 クラウドビジネスPT
平成18年入社/情報科学研究科 情報工学専攻修了

MOTIVATIONMOTIVATION

情報通信の果てしない可能性に衝撃。
あのとき、専攻分野への想いが完全に覆った。

この道で本当にいいのか。 道路交通システムにバイタルデータを活用する研究に没頭していた学生時代に、多くの仲間たちが自動車業界へ進む中自分自身のこれからに疑問を感じていた。そんなときに訪れた転機。ある研究会で知った、多くのシステムの根幹は情報通信が支えているという事実。なにかをつかんだ気がした。
「専門分野にとらわれない、よりスケールの大きな仕事がしたい」。本当の自分はそこにあった。あらゆるものの根幹となる情報通信技術と大きな顧客基盤を持つNTT西日本ならそれができる。その答えに行き着いたとき、入社の決意は固まった。

MOTIVATION

MISSION

各部門の精鋭がそろうクラウドビジネスチームで
他社には真似のできないビジネスをつくる。

「NTT西日本のプレゼンス(存在感)を高めたい」。中小企業や大企業に向けたソリューション、セキュリティの強靭化ツール開発を経て、世の中に無い新しいビジネスをパートナー企業と共に創る醍醐味を実感した。どの仕事にも共通したのが「プレゼンス」の大切さ。企画したサービスをお客さまに提供するのか、お客さまが求めるサービスを実現するのか。いずれも「NTT西日本なら、やってくれそうだよね」と真っ先に思い浮かべてもらえる存在である必要性を痛感した。

何をやらなければならないか―。すべてを自社で囲い込むのではなくお客さまのリソースを上手に活用させてもらう、そして常識や手段にとわれない柔軟な発想や行動をしていこう。その想いが強くなったころ、法人向けの新規クラウドサービスの企画開発を担う「クラウドビジネスPT(プロジェクトチーム)」に着任することとなった。企画・開発・運用の経験、営業で培った現場力、高度なネットワーク技術など高いスキルを持つ精鋭が一堂に会するこのチームなら、他社に真似のできないことが必ずできる。自らの手でプレゼンスを高めるチャンスを創り出そうとしたときに、取り組むこととなったのがバイタルデータの活用によるサービスの開発。かつての自分との、まさかの邂逅だった。

EPISODE01EPISODE01

最先端のバイタルデータ研究を
「ココロのエンターテインメント」の世界へ。

運命の再会――。そう呼ぶにふさわしい瞬間が訪れたのは、クラウドビジネスPTの一員になってすぐ、2015年の晩冬のことだ。広報室から上司への相談に同席していたときのこと。「バイタルデータを使って…」という一言。耳を疑った。当時、NTT持株会社が、着るだけで心拍数がわかるバイタルデータの検知システム『hitoe』を開発。広報室とつながりがある毎日放送の毎夏恒例イベント「梅田お化け屋敷」に活用できないか、という企画が持ち上がっているという。「何万人もいるNTT西日本の社員のなかで、これは私にしか出来ないことだ」。そう思った瞬間、「私に、やらせてください!」という言葉が飛び出していた。

エンターテインメントのお化け屋敷と最先端研究のバイタルデータ、その2つを結びつける斬新な発想に「やはり、メディアのプロは凄い」と感心しつつ、考え出したのが「ビビり度」の概念。ビビり度を診断し、楽しむコンセプトで「ココロの視える化サービス」(スマート光チャレンジ)まで昇華させた。すぐに測定センサの選定・テストやプログラム開発に着手。同時に、脳裏にはバイタルデータ研究の第一人者である、大学の恩師の顔が思い浮かんでいた。NTT西日本の持つ技術だけでなく学術機関にも診断の“キモ”となるアルゴリズム解析をお願いすることでデータの信憑性を高め、臨場感を高めようと考えた。最先端研究の迷惑になるかもしれないと心配しながらも、思い切って相談すると、恩師は快諾。「よし。これでいける」。サービス開始の夏に向け一気に前進した。

EPISODE02EPISODE02

技術力や企画力、ソリューション力。
「地域を元気にする」のが、NTT西日本。

ところが、春を迎えて思わぬ事態が生じる。頼りにしていた『hitoe』が構造上、お化け屋敷を歩き回るのに適さないことがわかるのである。研究所で開発中の別センサに変更を余儀なくされた。そこからは夏まで、まさに時間との闘いとなったが、何とか「梅田お化け屋敷」の開幕にこぎつけた。その後、「ビビり過ぎ」でセンサが壊れるなど想定外のトラブルもあったが、テレビをはじめ各種メディアが「喜怒哀楽を愉しむ、これまでにないエンターテインメント」として取り上げたことで話題を集め、翌年、センサを刷新しより精度の高い「ビビり度」により人気を博すことができた。他にも、運動レベル「ハッスル指数」を診断する「スマート光フットサル」(㈱東急スポーツオアシス、㈱ゴールドウインと共同開催)、笑いや楽しみを「笑福度」として診断する「スマート光お笑い劇場」(吉本興業㈱と共同開催)など、バイタルデータによる多様な「ココロの視える化サービス」を実現していった。

いずれも、強くこだわったのが「同じことを繰り返さない」ことだ。前例に則っても面白いものは生まれない。必ず何か、技術や企画に新しいチャレンジを盛り込むことが、注目度もサービスの質も高めていくことにつながった。
ここでの出会いは更に広がりを加速させた。吉本興業との縁で同社が主催する「沖縄国際映画祭」にNTT西日本が協賛することも決まった。「スマート光フットサル」を使って、お笑い芸人さんが3on3を実演するなど、大いに映画祭を盛り上げることが出来た。単なる技術力や企画力だけでなく、こうした「地域を元気にする」力は、NTT西日本ならではの強みであると強く実感した。

NEXT CAREER

「鉄壁の守り」に、「果敢な攻め」を磨く。

卒業から12年、恩師に「来るのが、遅かったな!」と笑顔で言われたのは、最大の褒め言葉だったと思っている。「ココロの視える化サービス」を単発の打ち上げ花火にするのではなく、これからは、バイタルデータを活用し、医療・介護分野など世の中の社会課題を解決していくサービスやビジネス作っていくことがミッションだ。メディアにスポーツ、お笑い、学術機関。それぞれの世界のプロと対峙し感じたのは、もっと「攻め」の展開があってもいいということ。NTT西日本はこれまで何十年にもわたって安心・安全のサービスを提供し続けておりどこよりも「ディフェンス力」は強い。そこに、アライアンスパートナーも驚くような、常識を超える発想の「攻め」のパワーを高め、磨きをかけていく。まずは私がその切り込み隊長として突破口となる使命感を感じている。それをみた仲間たちも自分なりの動き方で「攻め」に転じることで、最後には全社「守りは鉄壁、攻めも果敢」という姿にしていきたい、と願っている。

NTT西日本の先輩社員