先輩社員紹介

災害時にも現場に直行する使命。
「つながる安心」は、
必ず私が取り戻す。

通信インフラ事業

フィールドエンジニアリング/保守
NTTフィールドテクノ
TAKUMI KOBAYASHI
小林 卓充
NTTフィールドテクノ 東海支店 名古屋営業所
名古屋中央 フィールドサービスセンタ 宅内担当
平成23年入社/理工学部 情報工学科卒

MOTIVATIONMOTIVATION

活躍できるフィールドの広さを知り、
未知なる領域への新たなチャレンジを決意。

パソコンに向かって情報工学を学んでいた大学時代。しかし、その延長線上にある仕事よりも、新しいことにチャレンジしたい。そう思っていたとき、情報通信という生活に欠かせないインフラを支えつづけるため現場へ駆け付ける、そういう仕事もあるのだと知り、やりがいを感じた。また、情報通信が社会で担う役割は幅広く、将来への可能性にも魅力を感じた。

MOTIVATION

MISSION

ビジネスの中心地だからこそのやりがい。
慎重さと技術力を兼ね備えたエンジニアに。

いつ起きるか分からない通信機器や設備の不具合や故障。お客さまが困っているときに、誰よりも早く駆けつけて修理・復旧させることが私のミッションだ。
業務に求められるのは、スピードだけではなく慎重さも。担当エリアには都心のオフィス街があり法人のお客さまも多く、ビジネスフォンなど大規模な電話設備を導入している場合には多大な影響をおよぼす場合もある。まずはデータのバックアップをとり、お客さまに安心していただいてから修理・復旧に取りかかる。

同時にオフィスの通信機器を修理するためには高い技術力が求められ、「自分がやらなければ」という使命感がつねに私を動かしている。同様にこの組織には、高ランクの資格に積極的に挑戦する仲間、高い技術を持つ先輩が数多く在籍しており、彼らが持つ知識や技術を一日でも早く吸収し、受け継いでいくことが課題だ。技術を高めながらも初心を忘れず。お客さまから信頼し続けられるエンジニアをめざし、成長し続けたい。

EPISODE01EPISODE01

災害トラブルの現場最前線へ急行!
お客さまの「不安」を一刻も早く「安心」に。

災害対策も私たちの大きな使命。この夏、直撃した台風が川を氾濫させ、お客さまが経営されているレストランが水浸しになるという被害が生じた。もちろん回線も水浸し。不安がるお客さまをサポートするべく、私は現場へ急行した。浸水の場合は床下の点検溝を開けると、既存の配線が錆びていることがあり、そのまま直しても湿気で再発する可能性があるので、いったん他のルートで線を通して仮復旧させるという措置を取り、まずはその日の安心を確保することに成功。お客さまから「本当にありがとう」とのお言葉をいただき、私もひと安心だった。

今回のケースは事後対策だったが、事前に風雨や潮害を想定した対策にも、私たちは備えている。災害を見越して改良された製品を使ったり、回線を補強して敷設したり。お客さまにもその点を事前に伝えておき、不具合発生時にすぐに知らせてもらうようにすれば、修理箇所がすぐに分かって時間を短縮できる。いち早くサービスを復旧させ、お客さまの不安を少しでも早く取り除く。私たちに課されたミッションは簡単なことではないが、あらゆる手段を講じながら、「つながる安心」を守りつづけていきたい。

EPISODE02EPISODE02

ハードルの高い修理業務を1人で完遂し帰社。
そのドアの向こうには、思いもしなかった光景が。

入社2年目、故障修理業務の現場作業を1人で行うようになってすぐの頃、大きなビルの地下にある集合装置の修理を依頼され、1人で現場へ赴いた。規模も大きく、あまり扱ったことのない装置。当時の私にとってはハードルの高い作業だったが、「ここで助けを求めてはいけない。1人でやりきることが次へとつながる。」そう信じ、回線を切らないよう確認しながら作業を開始。「大丈夫なのか…間に合うのか…。」焦る気持ちもあったが、確実に復旧させるため、慎重に作業を進める。故障箇所の特定に若干時間を要したが、なんとか故障回復することができた。

達成感に溢れながら営業所へ戻ると、すでに終業時刻を過ぎていたにもかかわらず、先輩たちの姿が…。「おかえり。」「お疲れさま。」みんなが、私を待っていたのだ。もし私がサポートを求めた場合、即時に対応できるよう待機してくれていたのだった。修理をやり遂げた喜びとともに、みんなのやさしさに胸が熱くなった。サポートする態勢を整えながらも、私に成長の機会を与えてくれた仲間たちに心から感謝するとともに「もっと経験を積んで、頼りにされるような一人前のプロになりたい。」心からそう思った瞬間だった。

NEXT CAREER

エンジニアとして、人として。
成長しながら会社を次代へつないでいきたい。

エンジニアとして技術的な得意分野を磨くだけではなく、人間としてもスキルアップしていきたい。故障を直す任務を果たしながら、お客さまとのコミュニケーションを深め、NTT西日本グループへの信頼をさらに高めていきたい。そして、将来的にはプロフェッショナルエンジニアになるだけでなく、後進の育成などを通じてNTT西日本グループの基盤を支え、会社のさらなる発展に貢献できる人材になりたい。

NTTフィールドテクノの先輩社員