先輩社員紹介

電柱一本、ケーブル一本。
現場へのこだわりが、
地域社会の通信を支える力になる。

通信インフラ事業

フィールドエンジニアリング/構築
NTTフィールドテクノ
YURI NOMURA
野村 百合
NTTフィールドテクノ 関西支店 設備部
設備推進部門 設備計画担当
平成23年入社/工学部 循環環境工学

MOTIVATIONMOTIVATION

いろんなことに挑戦したいから、
幅広い職種でステップアップできるNTT西日本グループへ。

大学で学んだ循環環境工学を活かすべく、「通信×ECO」の可能性に魅力を感じたのが、この会社を選んだきっかけ。さらにNTT西日本グループなら、活躍できるフィールドも幅広い。さまざまな仕事を経験しながらステップアップしていくキャリアプランを実現できる、いろんなことに挑戦できるという夢を描いて、入社を決めた。

MOTIVATION

MISSION

設備をつくることは、街をつくること。
現場を知り「自分の色を出せる」設計を。

電柱やケーブル、マンホールといった通信インフラの構築を行う部門、私は主に設備設計を担当している。一見地味な仕事かもしれないが、実際に取り組み、その大切さを知るにつれて、この仕事の奥深さにのめり込んでいく自分がいた。設備設計にも自分の色を出せるのだと気づいたからだ。設備データシステムや設計実施マニュアルで検討し、図面を書いて通信建設会社に発注するというのが基本的な業務の流れ。しかし、机上での検討内容と現場の状況は必ずしも一致しないのだ。

だからこそ、私は現場で確認することを大切にしている。近くに広い空き地があれば、そこに建物ができること、需要が増えることも想定しなければいけないし、何より正確な設計は現場を知っていてこそ。だから、私は現場に立ち、これからつくる通信設備、そして豊かになっていくこの街の姿に想いを巡らせる。電柱一本、ケーブル一本にも自分の色を加えるのだ。その積み重ねが、やがて鮮やかなお客さまの笑顔につながると信じて。

EPISODE01EPISODE01

人の想いをつめこんだ
初めての品質管理マニュアル。

私に任されることになった通信設備のマニュアル作成業務。品質管理の安定化が目的だ。従来使用していたマニュアルに、新たな検討を加えて更新するという業務。ここでも私がこだわったのは「現場のリアル」だった。実際にマニュアルを使う通信建設会社の方を想像してみる。「しっかりと理解を得られるだろうか。本当に品質管理が安定するのだろうか。」私は自分の考えを細やかにマニュアルに盛り込んでいった。

そんな私の姿を見た大先輩から思いがけない一言が。「これからの通信インフラをつくって、支えていくのは君たち。あとは任せるぞ。」先輩たちの想いをしっかりと受け止め、その教えを受け継いでいくと決意した瞬間だった。その後、作成したマニュアルは、幾度もの社内検討を経て、無事に本格運用へとたどり着いた。いつの日か、このマニュアルがみんなの心の糧となってくれると信じている。

EPISODE02EPISODE02

学生から社会人、職業人へと成長するために、
越えなければならなかった壁。

入社して間もない頃は、いうなれば学生時代の延長。仕事以前に、社会人としてのマナーも知らず、まわりの方々から注意されて反省することも多かった。それでも心がけていたのは、持ち前の明るさと負けず嫌いの性格を表に出していくこと。当時は設備の部品の名前や工法技術も分からず、現場では私の意見を重んじてもらえない状態だったが、私は決してあきらめなかった。分からないことをごまかさず、むしろ明らかにして、通信設備会社の方々と積極的にコミュニケーションをとりつづけた。

やがて自分自身の知識も増え、現場でも仕事の話ができるようになると、信頼関係も築かれていく。それまでは誰も聞いてくれなかった私の意見や施策を少しずつ聞いてくれるようになる。そうして周囲の方々に支えられながら本格運用まで持っていけたときの喜びは、今も決して忘れない。当時の上司から言われた「今のうちにたくさん失敗して心の引き出しをつくってほしい」という言葉。失敗してはじめて、対処法や失敗しない方法が分かる。いくつもの壁を乗り越えるために経験した失敗の数々に、今は感謝している。

NEXT CAREER

仕事も人生も充実させていきたい。
それを可能にする環境が、ここにはある。

まずは現在の業務で、さらに多くの人々と連携しながらスキルアップを図ること。近い将来は大きな業務をマネジメントできる力も身につけて、自分の使命を全うしていきたいと考えている。長期的には、家庭を持つなど自分の人生も充実させていきたい。たとえば仕事と育児の両立。そんなライフプランを描けるのも、NTT西日本グループという会社の魅力だ。

NTTフィールドテクノの先輩社員