プロジェクトストーリー

PROJECT STORY 04すべての社員が
「安心して働ける」、
そのあたりまえを守るために、
最適な給与制度と運用を

PROJECT STORY 04
NTT西日本 NTTビジネスアソシエ西日本

PROLOGUE
プロローグ

決まった期日に過不足なく、
公平かつ適正に支給される給与は
7万人の社員に、7万通りの「解」がある。
いつの時代も最適な「解」を追求するために
「制度」と「運用」の密な連携が必要である。

毎月20日の給与支給日――。
自分に与えられたミッションを果たし、成し遂げた成果が、適正な給与として間違いなく支給される。
すべての社員が手応えと安堵感を得られる瞬間だ。
仕事の対価として、また日々の暮らしの糧として、社員のモチベーションや行動、事業活動の活性化にも直結する給与支給は、
遅れのない「一定期日払い」や過不足のない「全額払い」など、「賃金支払い5原則」を守ることで、
経営の屋台骨を支える重要なミッションとなっている。
だが、その「適正な」「間違いなく」を、「あたりまえのこと」にする存在が脚光を浴びることは少ない。
国の政策や景気の好不況、そしてNTT西日本グループの業績や未来志向の事業ベクトル…。
絶えず変転する時代の流れと世の中の環境の変化に即応した最適な給与支給には、
グランドデザインとなる「制度設計」が求められる。
一方で、その制度を「絵に描いた餅」で終わらせないためには、公平かつ適正で持続的な「運用」が欠かせない。
「制度設計」を担うNTT西日本人事部と、NTT西日本グループのシェアードサービス部門として、
社員サービスの現場の「運用」を任されるNTTビジネスアソシエ西日本(以下、BA西)。
どちらが欠けても「当たり前のこと」が成り立たない給与制度は2014年3月、
大規模な給与改定に向けて、連携プロジェクトがテイクオフしていた――。

PROFILE

  • MASAHIRO TSUJINO辻野 雅寛 NTTビジネスアソシエ西日本
    総務サービス事業部
    事業推進室 人材開発担当 主査
  • MASARU HASEBE長谷部 優 NTTビジネスアソシエ西日本
    総務サービス事業部
    シェアードサービス部門 社員サービス担当
  • KEIGO TAKEDA竹田 圭吾 NTT西日本
    人事部
    企画部門 第二人事給与担当 主査
  • KOHEI OGINO荻野 航平 NTT西日本
    人事部
    企画部門 第二人事給与担当
123
プロジェクトストーリーTOPへ戻る