プロジェクトストーリー

PROJECT STORY 03安心・安全な社会づくりへ、
大災害に負けない通信インフラを。

PROJECT STORY 03
NTT西日本 NTTネオメイト NTTフィールドテクノ

PROLOGUE
プロローグ

南海トラフ巨大地震から通信を守る
「防災3カ年計画」がスタート。

2011年、東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災が発生。
地域社会のライフラインを担う通信の重要性があらためてクローズアップされることになった。
NTT西日本グループはこの被災経験を教訓として、
より安心・安全な社会づくりをめざした通信インフラの災害対策案を早急に検討。
2012年より「防災3カ年計画」をスタートさせ、
今後到来が予測される南海トラフ巨大地震を想定した災害に強い通信設備の構築に取り組み始めた。
このプロジェクトの推進役となったのがNTT西日本をはじめ、
ネットワーク設備の保全・保守に卓越するNTTネオメイトとNTTフィールドテクノである。
3社は協同で、広大な西日本を地震や津波などから守るためにどんな考え方をもとに、
どのように活動を進めたのか。大災害にも屈しない通信実現に向けた最前線を追いかけた。

PROFILE

  • SATOSHI ASAGOSHI浅越 悟史 NTT西日本 設備本部
    ネットワーク部 企画部門
    設備企画担当
  • NAOYA OHNISHI大西 直也 NTTネオメイト 関西支店
    エンジニアリング部
  • YUSUKE DOI土井 佑介 NTTフィールドテクノ 関西支店
    設備部
  • TAKASHI UEDA植田 隆 NTTフィールドテクノ 関西支店
    設備部
123
プロジェクトストーリーTOPへ戻る