障がい者採用

INTERVIEW
若手社員インタビュー

三尾 俊祐 SHUNSUKE MIO
NTTマーケティングアクト
東海支店 116・IP部 東海IPCC
平成26年入社/法学部卒
障がい内容:身体障がい

NTT西日本に入社して良かったと感じることを教えてください。また、入社前後のギャップはありましたか?

現在は、コールセンタにてお客さまからの注文やお問い合わせにお応えする業務を行っています。お客さまから貴重なご意見をお聞かせいただけることも多く、例えば「NTT西日本のポイント制プログラムにおいて、発展途上国支援などの社会貢献に利用できないか?」というお声をいただいたこともあります。このようなご意見は今後社内に展開していきたいと考えていますが、NTT西日本がお客さまにより良いサービスを提供するにはどうすれば良いかという広い視野をもって業務を行えることに魅力を感じ、入社して良かったと感じています。また、NTT西日本には幅広い職種があり、例えばインターネットを開通させる工事にもとても多くの方が関わっています。日本の情報通信を支えるという使命感と共に、入社前以上にチームワークの重要性を強く感じています。

NTT西日本に入社した決め手は何ですか?

私は入社前から、生活に欠かすことのできない情報通信サービスの提供を通じて豊かな社会作りに貢献したいという想いがありました。就職活動をする中で、実際にNTT西日本で障がいを持ちながら活躍されている方ともお話をさせていただきました。自信を持って働かれており、障がいの有無に関係なく一人の社会人として魅力や憧れを感じたことが入社の決め手になりました。

障がいをもった学生へのメッセージをお願いします。

障がいの有無に関わらず、自分が実現したいことに向けて挑戦するという気持ちを大切にして就職活動を頑張って下さい。私は将来的に人事・労務分野で多様な人材がいきいきと活躍できる環境作りに携わりたいと考えています。NTT西日本では、障がいの有無だけでなく、性別、年齢、雇用形態などが異なる多くの方が活躍されています。私も当事者の一人として、どのような配慮があれば会社に貢献できるかということを発信していけるのは自分自身の強みだと感じています。NTT西日本は職種も幅広く、周囲も配慮してくださる風土があるため、それぞれの強みを活かして活躍することができると思います。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています!

※各社員の所属部署や掲載内容は取材当時のものです。