障がい者採用

CROSS TALK障がいを持つ社員の働く姿

西川 結麻
YUMA NISHIKAWA

NTT西日本
営業本部 マーケティング部 IPサービス部門 IP営業推進担当
平成21年入社/文学部卒
障がい内容:身体障がい

現在の業務内容

NTT西日本が提供するIP映像サービスやストレージ系サービスの商品主管を担当。マーケティングリサーチや市場分析を通じた販売戦略の策定、西日本エリア全域の販売管理、各種事業者対応など営業の中枢を担う業務を行っている。持ち前の明るさとコミュニケーション能力を活かしてチーム全体を盛り上げている。  

渡邉 将充 MASAMITSU WATANABE

NTT西日本
技術革新部 研究開発センタ サービスプラットフォーム担当
平成21年入社/情報科学研究科修了
障がい内容:身体障がい

現在の業務内容

NTT西日本が提供するセキュリティサービスの開発および保守・維持管理を担当。サービスの仕様を一から検討し、リリース後の保守・維持管理までを、関連部署との密な連携を通して遂行している。担当内の中堅メンバーとして、チームの中心となって活躍しながら、後輩社員へのスキル継承にも積極的に取り組んでいる。

※各社員の所属部署や掲載内容は取材当時のものです。

現在の仕事について

業務の中でのやりがいや、面白さはどんなところだと思いますか?

西川

やはり本社勤務ということで、組織の大きさや影響力の強さを感じますね。本社に異動する前は、福井という比較的小規模のエリアだったので、一人ひとりが横断的に業務を行っていました。本社は組織が大きいということもあり、それぞれの役割が福井の時に比べると明確になっている感じを受けますね。最初は他部署の方々と連携して仕事を進めていくという点で苦労をしました。 また自分の判断が西日本全体の動きに直結するという責任感は常に感じます。当初はプレッシャーもあったのですが、最近はそういった部分が逆にやりがいに感じられるようになりました。

渡邉

関連部署が作成したサービスのスペックや仕様について、いかにして具現化していくかが、私たちのミッションです。具体的な仕様を検討するに当たって意識しているのは、「いかにお客さまにお使いいただきやすいサービスにするか」ということですね。そこが大変でもあり面白さでもあると思います。
Web画面などを想像してもらうと分かりやすいと思うのですが、画面遷移やボタンの位置を考える際には、「こっちの方が見やすい」や「ここにボタンを配置することで、よりお客さまに分かりやすくなるのではないか」といった議論を行いながら作り上げて行っているんですよ。

社内の雰囲気について

今後のキャリアや、仕事の悩みについて、相談できる相手はいらっしゃいますか?

西川

仕事の悩みやライフイベントに関することは、先輩に相談することが多いです。職場に産休から復帰され、短時間勤務されている先輩がおられるのですが、その方が職場でいきいきと活躍している姿を見て、自分もそうなりたいと感じます。周囲の方々の経験やキャリアプランを聞くことで、自分も今後のキャリアを強く意識するようになりましたね。

渡邉

同期をはじめ、職場でも上司や先輩には気兼ねなく相談できます。また、部署を異動してしまった先輩とも、こまめに連絡を取り合っているので、相談する相手がいないと感じることはないです。私の中で目標とする先輩がいるのですが、その方はとても視野が広く、「お客さま視点」を何よりも重要にしていました。その先輩の存在が、今の自分の考え方につながっていると思います。

仕事とプライベートの両立について

仕事とプライベートは両立できていますか?

西川

休日は同期と食事に行ったり、友人と遊びに出かけたりと、仕事とプライベートは両立できています。平日も結構職場のメンバーと食事に行ったりしますね。普段から、周囲の方とコミュニケーションを積極的にとるように心がけていて、そういったことが仕事やプライベートの充実にもつながっていると思います。仲の良い同期が九州にいるので、九州に遊びに行く機会も多いです。

渡邉

仕事とプライベートを両立させることは重要だと思いますし、入社以来しっかり両立できています。部署が違っても、関連部署の方と食事に行ったりすることで、お互いに仕事の進捗や考え方について意見交換したり、プライベートを共有できるということもあるので、コミュニケーションの機会を増やすことを心がけています。

障がいについて

障がいの点で、苦労したことはありますか?

西川

特に感じたことはないですね。障がいのことを全然配慮してくれない人や、逆に障がいがあることを必要以上に意識するような人も周りにはいませんでしたし、人間関係で苦労したという経験はほとんど無いのが正直なところです(笑)。

渡邉

私はあまり目が良くないので、今の職場でもスクリーンに投影した資料が見にくいなどの苦労はあります。でも、周囲のメンバーが紙資料を事前に準備してくれたり、自分でもPCを持ち込んだりという工夫をしています。自分から目が見えにくいことを発信することで周囲も必要な配慮をしてくれていると思います。そういったサポートを前向きに実施してくれる職場ですね。

お二人とも転勤を経験されていますが、負担になるようなことはありますか?

西川

「住めば都」とも言いますし、新しい土地に抵抗はないですね。長靴で通勤することも、福井に行かなければ経験できなかったことだと思っています(笑)。強いてあげるとすれば、異動のたびに「はじめまして」を繰り返すということは、私が緊張するタイプのせいか、今でも慣れないところはあります。でも、それ以上に色々な人と出会えることで、第二第三の故郷ができていくという楽しさの方が強いですね。

渡邉

私は転勤と言っても、入社してから兵庫と大阪でしか働いていないので参考になるかどうか分からないのですが・・・(笑)。ただ、出身の東海地方から離れて働くことで、新たな人と出会うことができ、たくさんの刺激を得ることができたと思っています。

就職活動について

入社の決め手は何でしたか?

西川

自分がやりたいことを実現するために、アパレルや通信、福祉など幅広く受けていました。私も就活中にNTT西日本の先輩社員に会いましたが、かなり厳しくアドバイスしてくださり、正直怖かったですね(笑)。でも、たった1回会っただけで、論理的なアドバイスを頂いたり、自分が全く考えもしなかった意見をもらうことができ「本当にすごい人だな」と強く感じました。
内定の連絡もその方からいただき「是非君に来て欲しい!」と言ってもらえたことが嬉しくて、それも決め手になったと思います。その方は今でも心から尊敬できる先輩です。

渡邉

決め手になったのは、就活中に出会った先輩社員の存在でした。仕事に関する話だけでなく、面接練習などにも熱心に対応していただいて、「自分が成長していくために、こんな人と一緒に働きたい」と感じました。
もともと「暮らしに身近なものを扱う仕事」をしたいという就活の軸を持っていました。NTT西日本での仕事は、暮らしに近いことで自分の仕事の影響力を想像しやすく、やりがいを感じられる機会が多いのではないかと思っていましたね。

NTT西日本に入社して良かった点や、入社前と比較してのギャップはありましたか?

西川

障がいを持っていても、研修や職場などそうではない社員と同じように扱ってもらえるという点は、入社して改めて実感したことです。同期をはじめ、たくさんの人がいることで「一生の付き合い」をいくつも作れたことは、本当に良かったと思います。

渡邉

家族や友人が自分の手掛けたサービスを利用してくれていることで、自分が働いたという実感をもつことができています。「こんなサービスが欲しい」と言ったリクエストも受けるので、次の仕事のアイデアにつながっていたりもしますね。「このサービスの使い勝手が良くない」と言う意見をもらうこともありますが(笑)。でも、それも今後のサービスの改良には本当に貴重な声だと思いますね。

学生さんへのメッセージ

最後に、今就職活動を頑張っている学生さんへのメッセージをいただけますか?

西川

働く上で、障がいを持っていることを不安に思うこともあるかもしれませんが、「こうしてほしい」など自分から発信していけば、周囲も理解し、サポートしてくれると思います。NTT西日本はそういった風土の会社です。また、周りにも障がいを持った社員さんがいます。ですから、自信を持ってどんどん色々なことにチャレンジして欲しいと思います。

渡邉

障がいを持っていても、色々なことができると思って欲しいですね。自分からしっかり発信していけば、周囲もサポートしてくれるので、意外と何とでもなります。新しいことに取り組む時に、「できないかな」と思うよりも「やりたい!」という気持ちを大切にすれば、自分の頑張りをしっかりと評価してもらえる会社だと思っています。