PERSON 01

古谷 龍大朗Kotani Ryutaro
NTTビジネスソリューションズ
営業部
2012年入社

未来のまちづくりを、
お客さまとともに。
NTT西日本なら
想像を遥かに超える
仕事に出会える。

通信とは
縁のなかった
学生時代

大学ではスポーツ経済学を専攻し、野球の独立リーグにおけるビジネスモデルを研究していました。球団に利益をもたらすのはもちろん、それに伴って地域が活性化するような仕組みなどを考えるといったもので、情報や通信領域にはまったく縁がありませんでした。就職活動では「モノ売り」ではなく「コト売り」の仕事ができそうな企業を中心に考えていたところ、NTT西日本と出会い、アイデアと通信を掛け合わせて生活に役立つサービスをつくれることに興味を持ちました。NTTといえば電話のイメージが強かったのですが、働く先輩社員の話を聞いて幅広い事業をしているということを知り、さまざまなチャレンジができそうだなと期待が膨らんだのを覚えています。

求められるのは
ベストな提案

画像1

入社後は営業として現場経験を積みたいと思い、中小企業や商店街のお店など、地域密着の営業を希望しました。ここでお客さまのニーズやお困りごと、そしてNTT西日本に対するお客さまの期待など、たくさんのご意見をダイレクトに聞くことができたのは今の自分にとって大きな財産になっていると思います。現在は、ある大手建設業さまを担当しています。このお客さまはNTT西日本が発足当初から、基幹系ネットワークを設計から運用まで一元的に担っており、ICTパートナーとして認識していただいています。単に「古くなったシステムを、最新システムに更改しましょう」といったことではなく、現状に満足せず、常にお客さまにとって最適な基幹系ネットワークを追求しています。基幹系ネットワークは、お客さまの電話やインターネットに限らず、多くの社内システムを支える非常に重要なシステムです。基幹系ネットワークを担うことはやりがいも大きく、お客さまのビジネスを支えているという誇りを持って仕事ができるのは、本当に幸せなことだと思います。

お客さまとともに、未来を創造する

画像2

お客さまのさまざまな課題や、ネットワークシステム環境に対して、NTT西日本は全体を俯瞰したICT基盤の総合プロデュースを行っています。「サスティナブルなまちづくり」に取り組むというお客さまの中長期経営戦略も共有していただいており、AI・IoT時代のあるべきネットワークシステム環境を、お客さまと共に考え、実現に向けて取り組んでいます。お客さまと共に社会の未来をつくっていくというのは、NTT西日本だからこそできる経験だと感じています。これまでのキャリアを活かし、今後はマネジメントや育成といった観点で今まで自分が培ってきた営業ノウハウやナレッジを展開していきたいです。その時々のトレンドの技術で新しいサービスを生み出し、これまでなかった生活基盤をつくったり、お客さまの事業を支援できたらいいなと思います。

ONE DAY SCHEDULE

  • 09:00

    出社後、日単位と週単位でスケジュールとタスク確認を行う。合わせてメールチェックも行う。

  • 09:30

    社内担当ミーティングにて活動報告を行う。メンバーの活動内容の理解と、今後の活動計画を話します。

  • 10:30

    社内での打ち合わせを実施。お客様への提案に向けて提案方針を固める。個別の案件ごとに2から3件ほど実施する。

  • 12:00

    ランチタイム。出張や外出先ではおいしいラーメンを食べることが楽しみです。食べ過ぎて午後の仕事に支障が出ることもしばしば…

  • 13:30

    お客様との定例会。定期的に案件の進捗状況の報告と具体的な構築内容の確認会を実施することでお客様と密に連携を取りながら案件を進めていきます。

  • 17:00

    帰社後、提案資料等の作成を実施。内容はお客様向けの資料作成や社内打合せ用資料等多岐にわたります。

  • 18:00

    退社。帰宅後家族と過ごすことでリフレッシュしています。職場、お客様と飲みに行くこともあります。

画像3

あったらいいな、という
サービスを生み出していく

当社はグループ会社含めてさまざまな職場や働き方があり、その多様性が大きな魅力です。新しいことにチャレンジするとき、その想いを汲み取ってくれる環境が整っています。また、当社の事業は社会インフラを提供しながらも、みんなが「あったらいいな」と思うサービスを開発し、提供しているので、2軸で人々の生活を支えているというやりがいもあります。NTTと聞くと少し堅いイメージがあるかもしれませんが、どんな若手でも手を挙げて発信すれば、新しいことにチャレンジできるフランクな組織なので、ぜひ一緒にみんなが「あったらいいな」と望む新しい生活を作りましょう!