WORKS
生産年齢人口減少への対策を通じて
課題解決と新規事業分野への進出に貢献。
PROFILE
宅内分野 / サービス企画
澤西 大智 HIROSATO SAWANISHI
NTTフィールドテクノ 関西支店 サービスサポート部
サービス戦略部門 サービス企画担当
2014年入社 / 理学研究科 生物地球系専攻修了

事業の社会貢献度の高さや
将来性に惹かれ迷わず入社。

学生時代に、東日本大震災に被災された方のお話を伺う機会がありました。「電話がつながらなくて家族の安否がわからず、未来に希望が持てない」という言葉が深く胸に刺さり、通信をまもる仕事を志すことを決意。NTT西日本のグループ会社の中で、最もお客さまに近いポジションで通信をまもることができるNTTフィールドテクノの事業内容を見て迷わず入社を決めました。また、通信業界は変化の速度が非常に早く、新しい事業に挑戦できる機会が多いことも入社を決めた大きな要因でした。

  • 省人化・業務効率化に向けた
    計画策定や進捗管理を担当。

    省人化・業務効率化に向けた
    計画策定や進捗管理を担当。

    NTT西日本グループは各地に多くの設備を所有しているため、保守や運営に大勢の人員を必要とします。しかし現在、日本全体で生産年齢人口が減少しており、保守や運営面はもちろん、新規事業への進出などの際にも、今後人員不足が大きな課題になることが予想されます。私の役割は、人員数の減少に伴って発生する課題の解決となります。
    具体的には「人員リソースの創出」「スマートな運営に向けた業務効率化」に関する各施策の事業計画の策定、および進捗管理を担当し、さまざまな組織から上がってくる省人化や業務効率化に向けたアクションプランに対して内容の精査、実現に向けた検討を行っています。NTTフィールドテクノだけではなく、NTT西日本グループ全体の今後の運営を左右する非常に重要な業務に参画できることに、日々大きな責任とやりがいを感じています。

  • お客さまの涙を見て
    この仕事の責任と醍醐味を再認識。

    お客さまの涙を見て
    この仕事の責任と醍醐味を再認識。

    故障修理を担当していた3年目の時に、ひとり暮らしをされているご高齢の女性から故障の申告を受け、修理に伺ったことがあります。場所はサービスセンタから3時間を要する山中で、豪雨によって回線が切断し、数日の間電話が使えないという状況が発生していました。故障の原因と内容自体はシンプルだったので、それほど時間もかからずに修理が完了。お客さまは早速、ご家族の方に電話をされたのですが、電話がつながり声を聞いた途端に安堵の涙を流して、私に何度も感謝の言葉をくださいました。

    私としてはいつも通りの業務を行っただけだったのですが、お客さまが涙を流して電話をされる光景を見て、通信が当たり前につながっていることがどれだけ大事なのかを再認識しました。この日のお客さまの涙がじわりと胸に沁み、忘れられない思い出となって私の記憶に根付いています。

    現在の部門では、お客さまと直接お会いする機会はありませんが、立場は変わっても自分の業務がお客さまの通信をまもり、支えていることに違いはありません。自分が担う使命の重さをしっかりと自覚しながら業務に邁進しています。

  • キャリアと成長が紐づいていることを
    現在の担当業務を通じて実感。

    キャリアと成長が紐づいていることを
    現在の担当業務を通じて実感。

    故障の早期復旧が重要なことは、現場を経験したことがない人でもわかると思います。しかし、どうすれば早期復旧できるかは、現場で学んだ知識と経験がないとわからないことです。サービス企画担当は、故障修理の現場の安全性および修理品質のチェック・向上のための施策の立案も行いますが、その際に現場の経験を活用できるケースがたくさんあります。

    省人化への取り組みに関しても、現場での作業に携わった経験が大いに活かされています。入社以来、培ってきたキャリアがさまざまなシチュエーションで役立てられることを実感する度に、自身の成長の手ごたえを感じてモチベーションが上がります。
    これからも自分が担っている仕事の責任と誇りを胸に、信念とこだわり持って役割を果たしていきます。

NEXT FIELD

自分の仕事の意義と貢献を
常に自覚しながら仕事に取り組む。

今後、NTTフィールドテクノがさらなる成長を遂げるには、新規ビジネス分野への進出を積極的に図る必要がありますが、そのためにも人員リソースが不可欠です。つまり、私が今の担当でてがけている人員数の減少への対策は、新規ビジネス分野の成否にも密接に結び付いていることになります。今後も常に視野を広く持ち、NTTフィールドテクノの省人化を図ることで新規ビジネス分野の発展に大きく貢献していきたいと思っています。

WORKS 社員紹介

  • 宅内分野
    サービス企画
    2014年入社
    澤西 大智
  • アクセス分野
    開通推進
    2012年入社
    宮原 和子
  • 新規ビジネス分野
    ビジネス推進
    2013年入社
    土橋 力也
  • アクセス分野
    サービス運営・災害対策
    2014年入社
    山﨑 映未